時を経るほどに_2016

上:2015年クリスマス  下:2016年晩秋

上:2015年クリスマス  下:2016年晩秋

hr1

時を経るほどに、魅力ある風合いへ。

昨年、横浜青葉台のお花屋さん 春てりん からやって来たグリーンリースは、
青空と降りそそぐ太陽、星空のイルミネーションに彩られながら、
四季をめぐり、やさしく&やわらかな風合いへ、年を重ねました。
時を経るほどに、移りゆく佇まいは、生きている素材ならではの魅力です。

ふわふわに弾けたコットンボールが、まるで雪のように、
お客様から頂いた、秋田角館のイタヤ細工の馬が、まるでトナカイのように。
生きている素材から、ひとの手が創りだす造形は、あたたかな言葉を紡いで、
リースからこぼれた笑みも、はずんだ会話も、大切な思い出となりました。

愛着あるものと、時を重ねてゆくことは、こころ豊かな暮らしのはじまり、
私達の店づくりから、そんなメッセージを、受けとっていただけますように。
“永遠に続く環”から、幸せを呼びこむシンボルとされるリース、
お部屋にひとつ、心にひとつ、『そらいろの丘』の歩みと友に。

hr1

Previous post黄昏色に染まる時_霜月 Next post山粧う_2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です