時を経るほどに_2015

R131124 (700x698)

上:2013年クリスマス 下:2015年立春

上:2013年クリスマス  下:2015年立春

hr1

自然素材が時を経るごとに移りゆくことを、経年変化=エイジングと言います。

時の流れがつくり出す趣ある風合いは、生きている素材ならではの魅力、
鮮やかな色合いとはまた違った、やさしく&やわらかな表情を見せてくれます。

一昨年、横浜青葉台のお花屋さん 春てりん からやって来たグリーンリースも、
時の過ぎゆくままに、味わい深く…ふっと見るたび、ほっとあたたかな気持ちに♪

“永遠に続く環”から、幸せを呼びこむシンボルとされるリース、
お部屋にひとつ、心にひとつ、一緒に時を重ねてみませんか?

新品の時がいちばんキレイで、だんだん劣化してゆく化学塗料の器と違い、
時を経るほどに、味わい深くエイジングしてゆく「漆の器」も、また然り…

hr1

Previous postさまざまな節目の御祝に Next post早春の訪れ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です