手のひらから_2019春

手にとって、肌ざわりを感じて、「漆の器」に親しんでいただく、『そらいろの丘』の展示カウンター

hr1

ものづくりと言っても、スタイルはそれぞれ。
つくることに専念して、委託や卸で販売する昔ながらの様式もありますが、
私達はつくり手であり、売り手であり、つかい手であることを大切に考え、
ギャラリー&カフェ『そらいろの丘』を営んでおります。

また、この丘に根ざすことができた感謝の気持ちから、
年一度は首都圏へ出向き、信州小諸の魅力を広く伝えてゆくことを掲げて、
訪れてみたい!と思っていただける、お客様との対話を心がけています。
今年はスペースたかもり『週末2日展』へ、出展するご縁に恵まれました。

「文の京(ふみのみやこ)」という区名の通り、大学や神社仏閣も多く、
大通りから小路に入ると、閑静な住宅街と歴史ある庭園が残される文京区。
徳川幕府が設けた御薬園が前身の「小石川植物園」や、御朱印めぐりなど、
緑あふれる季節、散策が楽しいエリアです~どうぞお出掛けくださいませ。

hr1

Previous post蚕起食桑の頃 Next post富士見平を望む_2019小満

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です