山眠る_2016

霜月初めの初冠雪から、やがて、澄みわたる青空に、純白の頂が映えて。

霜月初めの初冠雪から、やがて、澄みわたる青空に、純白の頂が映えて。

hr1

山裾のまちに、美しい魅力を呈してくれる、浅間山。
とりわけ、空がいちだんと澄みわたる、晩秋から冬にかけては、
ひときわ、青い空と白い頂の、コントラストが美しい季節です。

山眠る季節とはいえ、落葉した大地の下で、自然の営みは休むことなく、
次の季節へ力を蓄えている、地球の鼓動が、聞こえてくるかのように。
その表情を、刻々と変えながら、頑張れよ!と語りかけるかのように。

昨年も、浅間山を望む 睦月如月と綴ってきましたが、
今冬も、その一瞬の表情を、皆さまへお伝えできますように…
スカッと青空に、浅間山をあおぐ、東信濃の冬がはじまりました。

hr1

Previous post山粧う_2016 Next postあたたかに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です