富士見平を望む_2019大寒

朝晩はマイナス10℃を超える厳寒の季節、薄っすらと白銀の「富士見平」は、あっという間に土色へ

hr1

1年でいちばん寒さが厳しい、大寒の頃
「湿雪」が積もる雪国と違い、「乾雪」が舞うこの頃ですが、
あっという間に解かしてくれる、太陽の恵みに感謝する日々でもあります。

この丘から望む、向こうの田園が「富士見平」という字にちなんで、
定点観測してきたこの風景を、「富士見平を望む」というタイトルに改め、
めぐる季節を綴ってゆくことにしました。

大きな窓から、降りそそぐ光に、凍えたからだもやわらかに、
大きな窓から、見わたす風景に、冷えたこころもかろやかに。
雪を解かす、土の色はあたたかに、地球の鼓動が聞こえてくるかのように。

hr1

Previous post荒船丸ゆく_2019睦月_続 Next post荒船丸ゆく_2019如月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です