富士山を望む_睦月

東雲色の山ぎわに、ぽっかりと浮かぶ、日本一の頂。

東雲色の山ぎわに、ぽっかりと浮かぶ、日本一の頂。

hr1

東雲色に染まる時、ぽっかりと富士山

『そらいろの丘』の朝は、この頂を望むことからはじまります。
県境の峰々と八ヶ岳の裾野が描く、ゆるやかな山並みの間から、
おはよう!と声をかけてくれる、日本一の頂。

日本の象徴と謳われる、美しく雄大な姿とは違いますが、
ちょこっと抜きん出た台形の頂は、いつもにっこり微笑み、
自然の営みの中で、謙虚に生きてゆくことを、そっと諭してくれます。

東雲色に染まる時は、やがて恵みの雪降る、白い風景へと移ろいで…

hr1

Previous post凛とした朝 Next post恵みの雪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です