富士山を望む_睦月

1日のはじまりは、夜明けの空に、富士山を望むことから

hr1

2月23日は、語呂合わせから、「富士山の日」に制定されています。

写真は睦月のある朝、「紅掛空色」(べにかけそらいろ) に染まる空、
幾重にも連なる、ゆるやかな山並みの向こうに、
ちょこっと抜きん出た白い頂が、おはよう!と声をかけてくれました。

やっぱり富士山、日本人は好きだから~
森づくりの活動地、富士山を望む風景は、皆さまとのこころの絆、
この丘へ根ざす、私達にとって、大切な“こころの風景”です。

睦月如月弥生皐月水無月神無月霜月師走

四季折々に移りゆく富士山を、これからも追いかけてゆきます。

hr1

Previous post冬木立の向こうに_如月 Next post冬木立の向こうに_黄昏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です