冬木立の向こうに_黄昏

絶妙な色合いに染まりゆく、山ぎわのグラデーションと北アルプスのシルエット

hr1

冬木立の向こうに垣間見る、黄昏色に染まる時
その一瞬にこころ留めて、カメラを向けていますが、
刻々と染まりゆく色合いは、自然の奥深さでもあり、
日々移り変わる色合いは、自然の営みでもあります。

手持ちの望遠レンズでは、限界を感じますが、
ぼんやり映しだされる、槍ヶ岳の頂に胸おどらせて。

ふと見上げた空の色に、ひとの営みを重ねながら、
「一期一会」の“そらいろ”と、めぐり逢いを大切に、
こころ留めていただける、私達らしい色を大切に、
春待つ梢のように、想いもふくらんで。

hr1

Previous post冬木立の向こうに_如月 Next post富士見平を望む_2019啓蟄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です