イベントのご案内_2017

大正時代から受け継がれる町屋で、コミュニティ施設として活用される「ほんまち町屋館」にて。

hr1

江戸時代より、城下町そして商都として栄えてきた、北国街道小諸宿。
「享保雛」や「古今雛」など、大切に受け継がれてきた貴重な雛人形や、
「ひと針ずつの町おこし」と、地元の皆さんが手作りされた「つるし雛」が、
町並みを華やかに彩る、早春の風物詩『北国街道小諸宿のお人形さんめぐり』。

3月1日(水)・2日(木)の2日間、メイン会場の「ほんまち町屋館」へ、
歴史ある木造建築の片隅で、お雛様の調度品と同じ、「漆の器」を展示しました。
秋の恒例イベント『信州小諸・城下町フェスタ』とは、また違った雰囲気の中、
かつての宿場町のように、町人と旅人が行き交い、新しい出会いに恵まれました。

今後は、4月15日(土)は黒澤酒造春の新酒お披露目 酒蔵開放』へ出店、
4月29日(祝)~5月7日(日)まで中棚荘の『土蔵ギャラリー 春の企画展』を催し、
6月3日(土)・4日(日)は『にわのわ アート&クラフトフェア・チバ』へ出展予定。
今春もまた、各地へ出向きます~出会いと再会を、楽しみにしております!

hr1

Previous postかろやかに Next post移りゆく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です