ちいさな足跡

動物たちの足跡が行き交う雪原に、“ウサッピー”(と愛称を付けたノウサギ)の足跡も…

hr1

おだやかな天気に恵まれた新春から、恵みの雪降る寒中となりました。
モノクロームな朝がひとたび晴れて、窓の向こうに広がる、
キラキラ輝くまばゆい雪原もまた、この季節ならではの魅力です。

まっさらな雪原には、ちいさな足跡が続いていました。
昨春クローバーを食んでいた、あのノウサギも通り抜けたようです!
ちいさな「道程」に、動物たちのものがたりへ、想いを馳せて…

雪上の足跡は、この丘で生きる野生動物たちが通る、獣道(けものみち)。
追ってはならない境界線を、そっと見守りながら、
私達の後ろに、続いているかも知れない道へ、想いを連ねました。

hr1

Previous postことづくり_続 Next post大寒の頃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です