ちいさな種から_2015秋

400年の歴史を物語る、苔むした石垣に、映える紅葉。

400年の歴史を物語る、苔むした石垣に、映える紅葉。

hr1

紅葉の錦も、ちいさな種から。

紅葉の名所としてで知られる、小諸城址 懐古園。
数日前のNHKの全国ニュースで、今が見頃と報道されたそうです。
色づきの早いサクラやケヤキは、もう舞い散った後でしたが、
晩秋を彩るカエデが、西日を浴びて、紅や黄に輝いていました。

その枝先には、プロペラ状に進化した、ちいさな種。
風に乗って、100メートル以上も運ばれることがあるという、
紅葉の錦を未来へつなぐ、ちいさなプロペラは、
真っ赤に燃える、葉っぱの下で、旅立ちの日を待っていました。

ものがたりは、ちいさな種から。

hr1

Previous post山粧う_2015 Next post珈琲豆の向こうに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です