そらいろスタイル_2018

綴じ目が波模様を描く、スタッキングできる「こ膳」
大・中・小3サイズ重ねて、波紋を描く「みつ入れ子」

hr1

あったらいいですね~
そんなリクエストを、“かたち”にすることが、ものづくりの醍醐味のひとつ。
新作発表の場ともなっている、今年の『にわのわ』では、
「こ膳」と「みつ入れ子」をお披露目いたします。

『そらいろの丘』のおもてなしに使っている「こ膳」は、
重ね箱」と同じ、オリジナルデサインの綴じ目で、おうちカフェを演出。
森づくりの間伐材を活用、木材の芯を生かした新たな試みの「みつ入れ子」は、
手にとって口元へ運ぶ「お椀」とは違う、ころんとした形状や質感を大切に。

「こ膳」は、ご予約を承り、今秋から順次お届けいたします。
「みつ入れ子」は、塗師自ら、森づくりで間伐したミズキ材に、
ヤマザクラ材・クリ材も限定製作~こちらもご予約を承っております。
手のひらから伝えるギャラリーで、ぜひご覧くださいませ!

hr1

Previous post小満の頃 Next postにわのわ アート&クラフトフェア・チバ_2018_続

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です