こ膳_2019冬

やさしい色合いのシンプルな「漆の器」は、あたたかく、おだやかに

hr1

小正月も終わり、大寒へ向けて、寒さが厳しくなる頃。
今年の鏡開きは、「こ膳」とお飾りと桑の葉染めのマットで、
シンプルな小道具ならでは、あたたかな雰囲気を演出しました。

私達の「漆の器」を使ってみたい!というお客様向けに、
今冬も、友人のお母さまが天塩にかけて育てた無農薬大納言を、
きび糖&伊豆大島の塩で、やさしい甘味に仕上げたぜんざいに、
香り高い黒文字(くろもじ)茶を合わせて、ご提供しております。

手のひらに馴染むお椀とお箸、おうちカフェを演出する「こ膳」に、
触れて、親しみ、ご自宅で使うシーンをイメージしていただく…
手のひらから伝わること、伝えることを大切に考えている、
ギャラリー&カフェ『そらいろの丘』ならではの企画です。

ひとつひとつの木の表情をご覧いただき、お選びいただくことも、
塗師自ら、併設のカフェでもてなし、対面販売するギャラリーならでは。
皆さまにとって、たったひとつ!を、お持ち帰りいただけますように♡

hr1

Previous post黄昏色に染まる時_2019睦月 Next postみまき大池にて_2019冬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です