こ椀・お椀・おお椀

それぞれのシーンで活躍する「椀」、3サイズ重ねた展示をご覧になり、1セットお持ち帰りいただくことも

hr1

手のひらから伝わること、伝えることを、大切に考えているギャラリーでは、
手にとって、肌ざわりを感じて、親しんでいただく展示カウンターへ、
「こ椀」「お椀」「おお椀」の3サイズを、重ねて展示しております。

小盛りごはんや和え物、ご出産御祝など贈り物に慶ばれる、こ椀:口径3寸
ご飯にもお味噌汁にも、手のひらに馴染むかたちが人気の、お椀:口径4寸
お蕎麦やうどん、具沢山の汁物をあたたかに口元へ運ぶ、おお椀:口径5寸

日本の山に自生する山桜のお椀は、天然木の木塊から成形するため、
時間をかけて木材調達、十分な乾燥工程を経て、じっくりと仕上げています。
とりわけ大きな木塊から削り出す「おお椀」は、製作数も限られるため、
新年のお雑煮から使い初めたい!というお客様には、ご予約を承っております。

消費税率引き上げ前の9月末に、いったん締め切りましたが、
台風の影響でご来店いただけなかったお客様向けに、追加で承っております。
新年に縁起を担いでものを新調することは、日本が育んできた風習、
この丘から生まれた「漆の器」が、ご家族の年輪を重ねてゆきますように♡

*ただ今「こ椀」は在庫が少なく、次の仕上りは来夏以降の予定です。
心あたためてくださっている皆さま、どうぞご了承くださいませ。

hr1

Previous post荒船丸ゆく_2019秋 Next post富士山を望む_2019神無月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です