こころを結ぶ_2018秋

hr1

美しい紅葉に彩られ、霜晴れの日が続いた晩秋、
おかげをもちまして、『土蔵ギャラリー 企画展』は終了いたしました。
創業120周年を迎える老舗旅館 中棚荘の「年輪」を感じる10日間、
ご来場いただきました皆さま、どうもありがとうございました。

親友のご結婚御祝に、水引を結んでほしい…
というご要望を承り、信州飯田から水引を取り寄せ、試行錯誤を重ねてきた、
塗師自ら、水引を結び、贈る方と贈られる方の、こころを結ぶ
“そらいろスタイル”の贈り物を、こころ留めていただく、良き機会となりました。

ご結婚御祝や還暦など節目の日の御祝に、お椀2個&お箸2膳のお箱詰め
ご出産御祝やお孫さんへのプレゼントに、こ椀2個&こ箸1膳のお箱詰め
お心遣いやご退職などの記念品に、お猪口2個またはお箸2膳のお箱詰め
門出の日の御祝にこ膳重ね箱と、いつの日か思い出していただけますように♡

日本は豊かな森の国、木の文化を育み、受け継いできました~
小諸のような宿場町の旅籠でも、かつては使われていました~
重厚な木造建築「はりこし亭」から、野趣あふれる庭を抜ける途中に佇む土蔵、
その静謐な空間が、「漆の器」の奥深さを伝える、ふれあいの場となりました。

hr1

Previous post荒船丸ゆく_2018霜月 Next postうるしの日_2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です