あざやかな今朝の顔

はれやかな空に映える紫色は、信州小諸の気候ならでは!

はれやかな空に映える、信州小諸ならではの鮮やかな色彩

hr1

あさがおは、朝の顔。
あざやかな、今朝の顔。

雄大な浅間山の南麓に広がり、清流千曲川が流れる、詩情豊かな信州小諸は、
全国でも屈指の日照時間を誇るまちです。

雨が少なく、からっとして、太陽の光ふりそそぐ大地で育つ植物は、
濁りがなく、きらっとして、生命力あふれる鮮やかな色彩が際立ちます。
はれやかな空に映えるその姿は、まさに “そらいろの風景” です。

日本では古来より、最も高貴で美しさを備える色として尊ばれる紫色。
「素敵♪源氏物語の世界を想像しちゃう〜」と友人からのメッセージ。
1枚の写真を通して、さまざまな想いを馳せるって、素敵なことですね!

これからも、信州小諸ならではの “そらいろの風景” をお届けいたします。
心に響く1枚がありましたら、ぜひコメントをお寄せください♪

hr1

Previous postにわのわ アート&クラフトフェア・チバ_2014 Next post梅雨空の向こうに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です